岩手日報に掲載

こんにちは、岩手県盛岡市で抗がん剤などで脱毛してしまった人に
医療用ウィッグを作っている美容室chinonの多田です。

抗がん剤治療後の髪も安心して美容室chinonにお任せください。

2013年11月28日に「岩手日報」に掲載していただきました。

以下記事内容

がん患者、かつらで支援

盛岡の美容室が女性向けに

盛岡市菜園1丁目、美容室chinon(シノン)店長の多田光利さん(47)は、抗がん剤治療で髪の毛が抜けた女性のために、医療用のかつらでできるだけ元通りの髪型を復元するケア活動に取り組んでいる。髪の毛が抜けて落胆する女性も多いだけに、多田さんは「治療に前向きに取り組んでもらえるよう支えたい」と話している。

ケア活動はNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会(本部・東京)が「再現美容」として普及に努めていて、全国で約100人の美容師が取り組んでいる。同協会によると、県内では今のところ多田さんだけだという。

使用する医療用かつらは、一般的な医療用かつらに比べ、患者の頭の形や生えてきた髪の毛の量に合わせて調整がしやすい。

長さを自由にカットすることができるほか、カールやストレートにも対応でき、自然な仕上がりで髪の毛が抜ける前の状態に近づけることができる。

料金は、人工毛と人毛を混合したタイプが12万6千円、人毛だけを使ったタイプが13万6500円(いずれも消費税込み)。購入後1年間は、無料で調整やカットをする。

多田さんは知人や親類の女性から、がんによる治療の影響で髪が抜け、どうしたらいいかと相談を受けることが相次いだ。

しかし「自分も分からず答えられなかった。力になってあげられず、情けないという思いがあった」と振り返る。

何かできないかと調べているうちに同協会の活動を知り、昨秋から同協会の講習を受講。技術や知識を習得し、今春から本格的に店で手掛けるようになった。

美容師として「一人でも多くの女性に生き生きと、綺麗であってほしい」と願う多田さん。

「女性にとって髪はとても大切なもの。違和感なく使用し生活ができるので、困っている人がいれば相談してほしい」と呼びかけている。

問い合わせは美容室chinon(019・625・6806)へ。

【写真=髪の毛が抜けたがん患者の女性のために、専用の医療用かつらでケアする活動に力を入れる多田光利さん】

iwatenippou

※美容室chinonではスタッフを募集しております。(高待遇です!)
 通常の美容業務と希望によりウィッグ作成のお手伝いをお願いしたいです、待遇など詳細はお問合せください。

ikus

岩手 盛岡 医療用 スリール かつら ウィッグ ikusイクス医療美容ケア研究会
抗がん剤治療後の美容室 美容室chinon

広告

岩手日報に掲載」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中