宮城河北新報に掲載

こんにちは、岩手県盛岡市で抗がん剤などで脱毛してしまった人に
医療用ウィッグを作っている美容室chinonの多田です。
抗がん剤治療後の髪も安心して美容室chinonにお任せください。

宮城県の河北新報に掲載していただきました。

img_125122

2015-3-16

以下記事文章

医療用かつらで心に光 美容師が普及活動

抗がん剤治療で髪を失った女性のために、盛岡市の美容室「chinon(シノン)」の美容師
多田光利さん(48)が医療用かつらの普及に取り組んでいる。
活動を始めて2年。これまで30~70代のがんと闘う女性42人にかつらを提供した。
「自分らしさを取り戻してほしい」。前向きの心が病の克服につながると信じ、
がん患者と向き合う。

女性向け医療用かつらを提供するNPO法人「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京)の講習
を受け、2013年4月に取り扱いを始めた。がん治療で髪を失った叔母と常連客から相談
を受けたのがきっかけだった。
医療用かつらは、頭の形に合わせて裏地のネット部分を調整でき、毛量を変えられる。
髪形もカットで自在に作ることができる。料金は人工毛と人毛の混合タイプが12万円で、
人毛のみは13万円(税別)。購入後1年間の調整は無料。
医療用かつらを取り扱う美容室は全国的に少ない。同NPO認定の美容室は全国に37店で、
東北では多田さんの店と福島の1店だけ。美容師の精神的な負担が大きいのが要因という。
多田さんも「初めて髪が全て抜け落ちた女性を前にした時、何と声を掛けていいのか
分からず戸惑った」と打ち明ける。薬の副作用を独自に学ぶなど試行錯誤しながら患者と
向き合った。次第に悩みや不安を受け止める覚悟が生まれた。
多田さんは「おしゃれをして外に出れば前向きになれる。病の快復にもつながると思う」
と話している。

連絡先は美容室シノン019(625)6806。

 

 

※美容室chinonではスタッフを募集しております。(高待遇です!)
 通常の美容業務と希望によりウィッグ作成のお手伝いをお願いしたいです、待遇など詳細はお問合せください。

ikus
岩手 盛岡 医療用 スリール かつら ウィッグ ikusイクス医療美容ケア研究会
抗がん剤治療後の美容室 美容室chinon

広告

宮城河北新報に掲載」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中