岩手毎日新聞に掲載

こんにちは、岩手県盛岡市で抗がん剤などで脱毛してしまった人に
医療用ウィッグを作っている美容室chinonの多田です。
抗がん剤治療後の髪も安心して美容室chinonにお任せください。

岩手毎日新聞に掲載させていただきました。

img_1413

以下記事文章

「いわて旬の人」

ーー「再現美容」に取り組むきっかけを教えてください。
2012年に10年以上通っていた女性客からカット中に突然、乳がんを告白されました。かつらの相談を受けましたが、ただ「分かりません」としか答えられませんでした。髪のことならなんでも知っていると思った自分が情けなかった。
そんな時、病気や事故で髪の抜けた人向けの医療用かつらを提供するNPO「日本ヘアエピテーゼ協会」(東京都品川区)の活動を知り、講習会に参加しました。かつらのカット方法や抗がん剤治療での副作用に悩む患者特有の心理などを学び、2013年4月から店で再現美容を始めました。
ーー医療用かつらの値段は?
税別で12万 〜13万円です。一般のかつらより毛量が多く、より自然に見えるよう素材や形が工夫されています。高いように思えますが、髪が抜け落ちた人向けのかつらは、大手メーカーだと20万〜70万円です。
医療用かつらなら、お客さんが望む髪型をじっくり話し合ってカットでき、使い始めてからも約1年間は無料で調整に応じます。病気で脱毛してその後治療がうまくいっても、地毛を取り戻すまでに約1年かかります。その間、薬の影響でむくんで変化した頭の形への対応や、地毛の調整も必要です。
ーー今まで何人のかつらをつくってきたのですか?
医者の紹介などで訪れた20〜70代、約60人のお客様のかつらを作りました。当初、悩んだのが女性客に病状を聞くことです。乳がんや子宮がんなど、男の私が聞いていいのかと抵抗がありました。
しかし、協会が主催した再現美容に取り組む美容師の交流会で、ある仲間から「お客さんは死に関わる病気に常に不安を抱えている。話を聞いて少しでも気分を楽にすることが大切」と教わり、はっとしました。
ーー今後の課題は何ですか。
カット中、お客さんからたのお客さんの状態を聞かれます。同じ境遇の人の状況が気になるんでしょう。今後、店内でお茶会などを開いて、悩みを共有できる場を影響できればと考えています。
お客さんの地毛が生えてかつらを「卒業」する日に見せる、あの笑顔は格別です。今後もたくさん見られるように、つらい時を忘れさせる「美」を提供します。

ただみつとし
盛岡市出身、東京のいろいろな美容室で11年間働き、1997年から美容室「chinon(シノン)」
を営む。華やかなヘアセットが評判で、毎年8月のさんさ踊り直前には100人以上が訪れる。
問い合わせはシノン℡019-625-6806

 

 

 

※美容室chinonではスタッフを募集しております。(高待遇です!)
 通常の美容業務と希望によりウィッグ作成のお手伝いをお願いしたいです、待遇など詳細はお問合せください。

ikus
岩手 盛岡 医療用 スリール かつら ウィッグ ikusイクス医療美容ケア研究会
抗がん剤治療後の美容室 美容室chinon

広告