ウィッグ卒業 自髪デビュー

こんにちは、岩手県盛岡市で抗がん剤などで脱毛してしまった人に
医療用ウィッグを作っている美容室chinonの多田です。
抗がん剤治療後の髪も安心して美容室chinonにお任せください

またまた嬉しいお客様です。
40代のN様です。
N様は平成27年の9月から一度目の抗がん剤治療が始まりました。
肩より長いロングが抜け落ち、同年11月の最後の抗がん剤治療後
徐々に伸び始め、こんなに伸びました。
若干まだ前髪とトップの長さが短めですが、何とかショートカットに。
抜ける前のロングになるにはまだまだ先ですが、もうウィッグを被る機会も減ると思います。
お疲れ様でした。
この仕事をしていて、一番うれしい瞬間です。

先日、他社さんのウィッグを被って、深刻な表情で電話の後すぐにいらっしゃったお客様がいました。
抗がん剤治療ですでに抜け始めていました。
お話を伺うと、初めに自分の今の髪型を真似てほしい、色、量など細かくお願いしたそうです。
ですが、出来上がってきたウィッグはまったくの別物。
髪質はさすがに再現するのは難しいと思いますが、分け目や量も違く、色までも全く違ってたそうです。
担当した方も不親切で、変わってもらったりしたが結局これ以上できないとのこと。
分け目に至っては横からと言っていたのに、真ん中付近しか分けれないウィッグ。
でも仕方なく数日被っていたそうですが、やはり我慢できず返品という話になったそうですが、
当店でご希望のウィッグを作った場合、今被ってるウィッグとはまたスタイルが変わってしまうのが
気になって、作成には至りませんでした。
うちのウィッグを作ってくれなくても、他社のウィッグでも私にできることであれば
いくらでもさせて頂きますとお話していたら、号泣・・・・
あまりにもひどい応対をされたようで、こちらまで泣きたくなる思いでした。

病気が見つかって、ウィッグをゆっくり選んでる時間のない方が多いですが
治療が始まる前に、なるべく時間を作ってウィッグを探すことをお勧めします。

※美容室chinonではスタッフを募集しております。(高待遇です!)
通常の美容業務と希望によりウィッグ作成のお手伝いをお願いしたいです、待遇など詳細はお問合せください。

スマホからのお電話はこちら

 

ikus

岩手 盛岡 医療用 スリール かつら ウィッグ ikusイクス医療美容ケア研究会
抗がん剤治療後の美容室 美容室chinon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中